ウヴァ

世界三大銘茶として有名な紅茶に「ウヴァ」がありますが、毎年高い評価を得ながらオークションで取引されます。そしてウヴァが、世界的に高い評価を得ているのもそのはずで、あのトーマス・リプトンがウヴァを手掛けた人なのです。トーマス・リプトンは、世界の紅茶王と呼ばれている人ですが、1890年にスリランカへ行って、ウヴァにアッサム種の茶樹を植えたとことから世界的な紅茶作りが始まったのです。そして、世界的に高い評価をウヴァを生んでいるこの地の風土ですが、茶を栽培するのにふさわしい雨の多い気候に恵まれています。ウヴァのおいしさの秘密は、香りがたまらなくて、スミレやスズランに似た甘くて爽やかな香りやメントール系のサロメチール香を持っていて、他の紅茶ではなかなか味わえないものです。ベストシーズのウヴァをカップに入れると縁に赤いゴールデンリングが描かれて品質の良さが感じられるのです。そしてウヴァの飲み方ですが、豊かな香りに加えて渋みが強いウヴァは、ストレートで飲んでも美味しく頂けます。さrにミルクを加えてミルクティーとして飲むのにも適していて、紅茶の本場のイギリスでは、多くの人に飲まれています。

Comments are closed.