ダージリン

インドのヒマラヤ山麓をダージリン地方といって、世界三大紅茶「ダージリン」の産地です。特徴は、独特の香りと風味のダージリン茶を作りだすのに、この地の昼間と夜間の寒暖差に発生する霧が大きく関わっています。シャンペンは、爽やか感の高いアルコール飲料ですが、ダージリンは「紅茶のシャンペン」とも呼ばれるくらいので、薄い色合いをした格別な風味を持っているので、世界に誇る紅茶なのです。また、生産期が品質に大きく関わってきますが、3月~11月までの生産シーズン中でも気候によって、味が大きく変わってくるのが、ダージリンです。ちなみにダージリンのベストシーズンは、収獲量の少ない3~4月の1番茶です。それは、この地が軽い雨季に入っているので、良質な紅茶が収穫できるのです。良質なうえ収穫量が少ないので高価格ですが、新鮮で深い風味のこの時期の紅茶は、ストレートで味わうと最高な美味しさです。続いて2番茶は5~6月の収穫ですが、深いコクの味がでてきて、濃い目の色になってきます。「マスカット・フレーバー」と呼ばれているくらいで、爽やかな味わいが、ぶどうのマスカットを口の中に含んだときの感じに似ているからです。テーブル

 

Comments are closed.